高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット

太陽光発電は電気代の削減や地球温暖化対策などといったメリットだけではありません。
補助金や電力会社への売電制度も存在していますが、システム導入時の費用は非常に高額なものとなるのです。

 

屋根の角度や日照時間などなど、太陽光発電に適している場所でないと、一定の電力を確保することは困難となります。
これは見積もりをもらうことである程度把握することが出来ますので、予め調べてみるといいでしょう。
太陽光発電を購入した時の補助金などは後で戻ってきますので、導入時にはある程度まとまった金額が必要となります。
さらに太陽光発電システムには、環境条件も重要であり、日によって発電量も異なってきます。 停電が心配される現在、電力会社から電気を買うことなく自家発電をして電力供給するのが最も賢い方法です。
自家発電の筆頭的な存在である太陽光発電を設置することで停電対策だけでなく節電対策にもなるのです。



高額な初期費用と不安定な発電量がデメリットブログ:2021年04月18日

娘は出生から6歳までの間、
どうやって脳のシナプスを増やすのかというと、
「体操」と「お喋り」と「睡眠」とによってである。

娘はとにかくからだを動かしまくるものだが、
娘がからだを動かせば動かすほど、
脳のシナプスが増えていく。

お喋りも娘の脳のシナプスを増やすことになるので、
お母さんは娘から喋りかけられたら、
とにかく会話をすることが大切である。

娘は12時間活動しまくると、夕方は熟睡をするもの。
娘は睡眠中に脳のシナプスを増やしていく作業を行うので、
不眠症にかかる娘など1人もいない。

娘がこれら以外に
脳のシナプスを増やすものがあるのだが、
それはなんと「笑い」である。

育児をしてみれば解ることだが、
赤ちゃんは喋り出す前から笑うものだ。

笑うから脳のシナプスを増やすことができ、
言葉を話せることができるようになるのである。

実に娘は、大人の30倍以上も笑っている。
それだけ大人が笑っていないとみるべきか、
娘が笑い過ぎているのか、視点によって評価は異なるが、
大人は脳のシナプスが減少していく存在であるのに対して、
娘は笑えば脳のシナプスを増やしていける立場にあるので、
どんどん笑った方がいいのだ。

そもそも第一子は笑いやすいようにできている。
お母さんが必死になって育児をしているために、
その姿が娘にとっては
ユーモラスに見えてしまうからである。

「育児が大変だ」といって、
顔から笑いが消滅したようなお母さんは、
娘の脳の成長に大損害を与えているのであって、
娘が笑ったら、
自分も笑ってストレスを発散させるべきである。