上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置

太陽光発電の導入を推進している現在、すでに固定価格買取制度と呼ばれている支援策が出されています。
これから先、風力発電などといったエネルギーも全量買取制度が実施されることも十分にあります。

 

太陽光発電の設置価格に関しては1kw当たり70万円となっていますが、この点は注意をするようにしてください。
機種や導入規模によっては、定められた65万円に納めることが難しくなってしまうケースも考えられます。
2010年度に導入された補助金制度の内容を確認してみますと、補助金額がシステム1kw当たり7万円となったことです。
そして太陽光発電システムの価格が1kw当たり65万円となったということになります。 現代は電気が無いと不便なことばかりであり、停電してしまったことで生命に関わる事態となってしまうこともあります。
いつ起こるかわからない災害時のために太陽光発電の導入をご検討されてみてはいかがでしょうか?



上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置ブログ:2021年04月20日

減量に成功している人の話を聞くと、ほぼ全員の人が
「自分で決めた方法を連日淡々とやった」
と言っています。

この「方法」の部分は、千差万別でバラバラです。
ひたすら腕立てをやった人もいれば、
ウォーキングをやった人もいるし、
茶碗を小さくしてライスの量を半分にした人もいれば、
食事前に必ずダイエットシェイク コーヒー味を飲んで痩せた人もいます。

人それぞれ、減量方法は異なるわけですね。
でも、共通しているのは
「選択した方法に疑いをもたず、連日淡々とやる」
ということです。

ただし、誤解してはいけないのは
「方法に固執はしない」「自分を責めない」
ということです。

1ヶ月・ふた月と続けてみて
体重が減らなかったり、
続けるのがストレスになってしまったり、
肉体に合わないと思ったら、そこでやめて他の方法に切り替えます。

ただ、それは単に「自分に合わなかった」というだけですから
それで「自分は忍耐力が無い」とか自分を責めて、
減量そのものをやめる必要は無いのです。
別の方法を探せばいいだけです。

また、方法を一度決めると
「減量のことは忘れて他のことに気を向ける」
という人の方が、むしろ成功しているように見えます。

ずーっと減量の事ばかり考えていると、
どうしても短期的な成果を求めがち…

短期的には体重なんて増減を繰り返しますから、
それに一喜一憂していては気持ちが持ちません。

だから一度方法を決めたら、
しばらくの間はそれをひたすら淡々とやるだけで、
あとは減量のことなんて忘れてしまう位の人の方が
減量に成功しているようです。