買電と売電がゼロになることも考えられる

買電と売電がゼロになることも考えられる


買電と売電がゼロになることも考えられる
太陽光発電で作られた電気を売って丸々それが利益になることは無かったとしても、多少なりの収益を出すことは出来ます。
しかしそれがどの程度の金額になるのかということは、天候や規模などで大きく異なっています。

太陽光発電を設置する時に余裕のあるシステムを搭載しておくことで、買電と売電の差が0円となることはよくあります。
現在の固定買取制度の売電単価でしたら、買いと売りが逆転し儲けを出すことが出来ます。
電池モジュールを搭載していることから、毎月最低これだけの儲けが見込めるという計算は確かに出来ます。
ただし天候に左右される場合もありますし、生活スタイルによっても大きく変わってくるのです。 最近になって売電という言葉を頻繁に聞くようになり、売電貯金と呼ばれる節約方法を実践している人が多くいます。
毎月売電をしたお金が振込されますので、コツコツと貯めていく喜びも実感することが出来るでしょう。




買電と売電がゼロになることも考えられるブログ:2021年09月11日

お子様の頃は土用の鰻など知らなかったが、
成長期に食べたものの中で
鰻ほどわしの印象に残るものは無い。

なかなか食べられなかったということもあるが、
それ以上にわしにとって鰻といえば、
パパのお土産である。

わしが小学生の頃のこと…
パパが飲んだ帰りに、駅の近くの小さな料理屋で、
時々持ち帰りの鰻を買ってくることがあった。

夕方の10:00過ぎ、
仕事終わりにお酒を飲んで、
酔ったパパが帰ってくる。

帰って来たパパの手にはビニールの袋が下げられ、
その袋の中には包装紙に包まれた鰻重の箱が四つ、
重ねられて入っている。

小学生だったわしは、
パパの帰る頃にはもう布団の中であったから、
次の日の8時それを食べることになるわけである。

8時になると母が包装紙を開け、
ホイルの上に箱の中身をそのまま取り出し、
蒸し器で十分蒸したあと、
また同じように箱に詰める。

その上から、
小さな容器に入ったタレをかけて食べる…

お子様ながらに、
これはとても美味いものだというのはわかっていた。
ひとくちひとくち、大事に食べていたように思う。

箱の底は銀色をしているのだが、
わしは食べながらも、
銀色が見えてくるのが
非常に勿体無いような気がしていた。

底にボンヤリと映る自分の顔を少し残念な気持ちで、
くちを動かしながら見つめていたことを覚えている。

起きてきて鰻重の箱を発見した時の嬉しさというのは、
憂鬱な8時を少しだけ幸せな気持ちにしてくれた。

その包装紙の模様もまた独特で、
よくは覚えていないが
確か白地に、緑や黒の家紋のようなものが
規則正しく描かれていたように思う。

わしはその模様をみつけると意地汚い性分で、
顔を洗うよりも先にそちらに手をかけ、
母によく怒られていた。
買電と売電がゼロになることも考えられる

買電と売電がゼロになることも考えられる

★メニュー

高額な初期費用と不安定な発電量がデメリット
数々ある太陽光発電を設置することのメリット
長い目で見れば設置費用の元を回収出来る
注目が集まっている太陽光発電
保証期間が切れても対応してくれる業者を選ぼう
まさに夢の備蓄式太陽光発電の設置推進
買電と売電がゼロになることも考えられる
上手に補助金制度を利用して太陽光発電の設置
家計に優しい電力確保なら太陽光発電
中には助成金を申請出来る自治体もある


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)太陽光発電情報SP